2019.03.30WATCH REPAIR

ブライトリングのベルト研磨

ブライトリングのベルト研磨です。使い方が激しいので深い打ち傷が多数あります。時計本体にも同様にたくさん入っています。
細かい傷はある程度のバフ掛けで取れるのですが、深い傷はなかなか取れず、カーブラインを損なってしまう可能性もあります。
慎重に・・・慎重に・・・鏡面になるまで磨いていきます。

IMG_0869-1
右が研磨済みのベルト 真ん中がまだ研磨していないベルト。
IMG_0880-1
ベルトの研磨が終わった状態。鏡面のようにピカピカです。
IMG_0884-1

あとはベゼルを艶消しにして完成!

IMG_0874-1

修理ご希望の方にはお近くのコンビニから当店に無料(着払い)で送ることができる「らくらく送付キット」をお送りいたします。【LINE】または【お問い合せフォーム】から「郵便番号、ご住所、お名前、お電話番号」をお知らせください。またLINEやメールでお時計の写真をお送り頂くと詳しいご説明が返信できますのでお気軽にご相談ください。

他の修理事例については【こちら】からご覧ください。