2019.10.23JEWELRY REPAIR

オパールの指輪をペンダントに…

「昔のオパールの指輪が自宅から出てきたけど、デザインが古くて着けられない…」とお客様よりご相談を頂きました。

opalringbefore

何十年か前、オパールはとても人気があったジュエリーのひとつです。オパールには、細長い形から真ん丸や楕円、また色味もホワイトやブラック、ボルダーオパールとたくさん種類があります。

今回はとても細長い、ホワイトオパールです。

使いやすいデザインのジュエリーにリフォームをさせて頂くことになりました。

早速、指輪からオパールを取り外してみると、オパールが上2/3くらいのところで割れています。

実は、オパールはかなり弱く、どこかにぶつけてしまうとすぐに欠けたり割れたりしてしまう性質を持ちます。

指輪の枠に付いているので取れて落ちることはないのですが、このようにリフォームをする際、枠から取り外してみると割れていたということもあります。(取り外す際はそっと爪を緩めながら外すので、取り外す時に割ってしまうということはありません!ご安心ください♪)

指輪はぶつけやすいので、今回はオパールの性質と実用性を考慮してペンダントにお作り替えをすることにしました。

reform126
CGデザイン画

オパールを守るように金で周りを囲み、割れてしまっている箇所は小さなメレーダイヤを割れに沿って乗せることで隠すことが出来ます。 『割れた古いデザインのオパールの指輪』
このように生まれ変わりました↓↓↓

reform127
reform128

地金量を抑える為に裏面は透かしデザインにしました。
オパールを囲む素材はK18イエローゴールドでお作りをしたのですが、オパールの割れた箇所はメレーダイヤをプラチナ素材の線状に乗せ、コンビ(2種類素材を使ったデザイン)になるようデザインをもうひとひねりしました。 ジュエリーとは「美しく」「希少」で「永遠性」があるものと定義されます。
地球が育ててくれた美しい鉱物は何年、何十年経っても磨けばまたもとの美しさを取り戻すことができます。「アクセサリー」との違いはここにあります。

たとえデザインが古くても、作り替えや綺麗に洗浄をすることでこの先もずっとずっと輝いてくれます。

限られた美しい資源を大切にしましょう!

当店ではオーダーリフォームから低価格のプチリフォームまで幅広くご提案しております。
詳しくはこちらをご覧ください☆

またご相談はLINEからお気軽にご連絡ください♬