2021.03.10WATCH REPAIR

カルティエ(Cartier)タンクの再メッキ加工

またまたカルティエ・タンクの再メッキ加工です。このカルティエのタンクは四隅のヴェルメイユ(金張り)が剥がれてしまうという弱点があります。
お客様がカルティエブティックに持ち込むと「修理はできません」とのコメントが返ってきます。
修理方法はただ一つ。ヴェルメイユ(金張り)を剥がして再メッキをするしかありません。

Cartier20210308-1

送られてきたカルティエ・タンクです。このカルティエ・タンクはシルバー925(銀製)の本体ケースの上にヴェルメイユという技法で薄い18金の薄膜を貼ったものです。
しかしこのカルティエのヴェルメイユは使用せずに放置しておくとこのように黒く変色してしまう弱点があります。

Cartier20210308-2

こちらが裏面です。裏蓋も全体的に黒く変色しています。

Cartier20210308-3

時計を分解して時計ケースと裏蓋の変色を取ります。しかし黒くなった変色を取り去ると・・・下のようなヴェルメイユの剥がれが見えてくることがあります。

Cartier20210308-4
Cartier20210308-5
Cartier20210308-6
Cartier20210308-7

カルティエ・タンクはこの四隅のヴェルメイユが剥がれてしまうのが特徴(弱点)です。

Cartier20210308-8

本体ケースのヴェルメイユを研磨で剥がした状態です。本体のシルバー925がむき出しの状態になっています。鏡面仕上げをしてあるのでピカピカです。

Cartier20210308-9

本体ケース、裏蓋に18金の厚メッキを施しました。本体ケースは擦り傷が取れてピカピカになっています。

Cartier20210308-10
Cartier20210308-11

時計を組み立てました。本体ケースがピカピカなって見違えるように綺麗になりました。今回はガラス交換をしていませんが、ガラス交換をする場合は4,400円(税込)となります。

Cartier20210308-12
Cartier20210308-13

お客様が付けていたベルトを元通りに取り付けて完成です。写真ではガラスの傷がはっきり見えますが実際にはここまではっきりとは見えません。しかし本体ケースがここまで綺麗になるとガラスも交換したい気もしますね・・・。

作業内容 : 研磨・再メッキ修理
修理費用 : 19,800円(税込)
往復の送料は無料

再メッキの必要がない場合は「変色取り・バフ研磨」の修理で9,900円でとても綺麗になります。
修理ご希望の方にはお近くのコンビニから当店に無料(着払い)で送ることができる「らくらく送付キット」をお送りいたします。【LINE】または【お問い合せフォーム】から「郵便番号、ご住所、お名前、お電話番号」をお知らせください。また併せてお時計の写真をお送り頂くと詳しくご説明ができますのでお気軽にご相談ください。

他の修理事例・修理料金については【こちら】をご覧ください。