2021.03.24WATCH REPAIR

変色したカルティエ・マストタンクの修理

今回もカルティエ・マストタンクの変色取りの修理です。カルティエ・マストタンクやカルティエ・マストコリゼなどのヴェルメイユ(金張り)の時計の変色には全国のカルティエユーザーが困っているようです。
このカルティエ・マストタンクやカルティエ・マストコリゼのユーザーの方は取り合えずカルティエ・ブティックに持ち込まれますが「変色はある程度は取りますが綺麗にはできない」と言われるようです。
それでは当店の美しく蘇るヴェルメイユの変色取り修理をご紹介します。

Cartier-2021-03-22-1
Cartier-2021-03-22-2

これが今回の変色取りの修理をするカルティエ・マストタンクです。全体的に黒く変色しており、ケースの表面には無数の擦り傷が付いています。

Cartier-2021-03-22-3

今回のカルティエ・マストタンクは時計が動いていないので、最初に電池交換をして時計がしっかり動くのを確認します。このカルティエの場合は裏蓋を開けると写真のように電池から漏液しています。実はこの漏液して乾いた緑の粉が歯車に噛むと時計が動かなくなります。
今回はこの漏液痕をしっかり取り除いて電池交換をしてみると、幸いに時計がしっかり駆動するので変色取り修理へ進むことにしました。

Cartier-2021-03-22-4

時計を分解して変色取りをするパーツを並べました。以前は尾鍵というベルトの留め金具は変色取りをしていなかったのですが、最近は純正の尾鍵に関しては一緒に変色取りとバフ研磨をするようにしています。

Cartier-2021-03-22-5

こちらが変色取りをした後です。時計ケースと尾鍵はバフ研磨をしてあるので小傷が取れてピカピカに輝いています。裏蓋についてはヴェルメイユを損なわない程度にヘアライン修正をしてあります。

Cartier-2021-03-22-6
Cartier-2021-03-22-7

時計を組み立てました。しかし時計が綺麗になったのでガラスのキズが目立つようになりました。お客様にご提案をしてガラス交換も行うことにしました。

Cartier-2021-03-22-8

もう一度分解してガラス交換も行いました。本体ケースの見え方が全然違いますね!さらに綺麗になりました。

Cartier-2021-03-22-9
Cartier-2021-03-22-10

再び時計を組み上げました、お預かりした状態の時とは別物のように綺麗になりました。

Cartier-2021-03-22-11

せっかく綺麗になったので今回はベルトも交換しました。写真では黒っぽく見えますが色はネイビー色です。

作業内容 : 変色取り修理+電池交換
修理費用 : 12,100円(税込)(変色取り修理9,900円+電池交換2,200円)牛革型押しベルトは別途に3,300円

修理ご希望の方にはお近くのコンビニから当店に無料(着払い)で送ることができる「らくらく送付キット」をお送りいたします。【LINE】または【お問い合せフォーム】から「郵便番号、ご住所、お名前、お電話番号」をお知らせください。また併せてお時計の写真をお送り頂くと詳しくご説明ができますのでお気軽にご相談ください。

他の修理事例・修理料金については【こちら】をご覧ください。