2015.10.10WATCH REPAIR

セイコークレドールのステンレスのパーツ作り

セイコークレドールの修理です。
文字盤が回転しています。時計の文字盤は裏側に小さな柱が2本あり、この小さな柱が機械の小さな穴の中に入っていて文字盤が固定されています。この文字盤の裏に付いている小さな柱が折れてしまうとこのような状態になります。このような事例は時々起こりますが修理は可能です。

CREDOR2017034

しかし、このクレドールの修理にはとても困った点があります。

CREDOR2017031

ベルトの中のピンが錆びてパーツの一つが欠落しています。

CREDOR2017032

購入時にベルト調整をして外したコマが保管してないか?とお聞きしたところ、持ってうないとのことでした。メーカーに問い合わせたところ、このベルト部品の在庫がなくなっているので修理不能とのこと。(通常はメーカーの部品保有年数は7年)

CREDOR2017033

ステンレスのピンが長年の使用で錆びて折れているんですね。ステンレスは錆びない金属と思われていますが空気に触れない箇所はステンレスも錆びます。端のパーツは2本のピンで留まっているのですがネジの部分が錆びでパーツが落ちたようです。

CREDOR2017035

日本中の時計店ではメーカーで修理不能のためにご返却・・・ということになるのですが、当店ではステンレスから削り出して部品の製作をやってみました。

CREDOR2017036

無くなったパーツの寸法を確認しながらステンレスを削り込んでいきます。

CREDOR2017037

ヤスリで削りながら大まかな形を作っていきます。

CREDOR2017038

縦・横の寸法を正確に合わせていきます。

CREDOR2017039

曲面のカーブなどをよく観察します。

CREDOR20170310

カーブなどの形状を合わせ、バフをかけてピカピカの鏡面仕上げにします。

CREDOR20170312

糸鋸で厚みを確認して切断します。

CREDOR201703116

ベルトに乗せてみるとこんな感じ!完璧なステンレスのパーツが出来上がりました。この後、パーツの裏側にもう一つの貫通しない穴を開けます。

CREDOR201703117

また本体側の錆びたネジも除去しなくてはなりません。これも手間のかかるやっかいな作業です。

CREDOR201703118

今回のクレドールのベルトのコマ作りには丸1日がかりの修理となりました。

作業内容 : ステンレスベルトコマ作り
修理費用 : 11,000円(税込)

当店に修理ご希望の方は【LINE】または【お問い合せフォーム】からご連絡ください。またLINEやメールでお時計の写真をお送り頂くと詳しいご説明が返信できますのでどうぞお気軽にご相談ください。

他の修理事例については【こちら】からご覧ください。