2021.03.25WATCH REPAIR

変色したロンジンの腕時計の修理

当店のホームページの時計の変色取り修理のブログを見てのお問合せです。
とても気に入っているロンジンの腕時計を大切に保管していたら黒く変色してしまったそうです。ロンジンのメーカーに修理で出したのですが変色は取れないとのこと。何軒かの時計店に持ち込んで相談したのですが、やはり無理だと言われたそうです。
インターネットで当店ホームページにたどり着き、LINEを通じて変色したロンジンの腕時計の画像が送られて来ました。

Longines20210324-1

時計とベルトの取り付け部分が黒く変色しています。カルティエのヴェルメイユの場合はよく変色を起こしますが、このようなロンジンのメッキでこれだけ黒くなるのは稀だと思います。
とにかくやってみないと分からないのですが、時計を送ってもらうことにしました。

Longines20210324-2

機械を取り出して電気分解機で表面の変色を取ってみます。ん・・・上の写真のようになかなか綺麗になりません。

Longines20210324-3

今度は別の方法で変色を取ってみます。写真のようにとても綺麗になりました。完璧に変色を除去できています。

Longines20210324-4

機械を組み入れて完成です。お客様に出来上がりの画像をLINEでお送りするととても喜んでいただけました。この時計が気に入っておりとても大切にしていたそうです。

Longines20210324-5

ベルトの先端部分も真っ黒に変色していたのですが、こちらも完璧に変色を取り去ることが出来ました。

【ミニ知識】18金は純金が75%と銀や銅を25%混ぜた合金です。18金に含まれる純金自体は酸化(錆)しませんが、銀や銅は長い時間が経過すると酸化(錆)して18金が黒っぽい金色になります。これは18金メッキでも同じで、長い時間の経過で黒ずみが出ます。

作業内容 : 変色取り修理
修理費用 : 9,9000円(税込)
※往復の送料は無料です。

また、ケースにメッキの剥がれがある場合、深い打ち傷や裏蓋の擦り傷をパーフェクトに取り除きたい場合は「再メッキ修理」をお選びください。ほとんどの傷を取り去ってから再メッキを行います。修理料金は19,800円(税込)で往復の送料は無料となります。

修理ご希望の方にはお近くのコンビニから当店に無料(着払い)で送ることができる「らくらく送付キット」をお送りいたします。【LINE】または【お問い合せフォーム】から「郵便番号、ご住所、お名前、お電話番号」をお知らせください。またLINEやメールでお時計の写真をお送り頂くと詳しいご説明が返信できますのでお気軽にご相談ください。

時計・宝石の修理のお問い合わせは無料です。スマホで時計や宝石の写真を撮り「LINE友だち追加」で画像をお送りください。