2021.03.30WATCH REPAIR

腕時計の見えない汚れをクリーニング

腕時計を買ってからクリーニング(リフレッシュ)をした人は何人いるのでしょう。99%の人は腕時計のクリーニング(リフレッシュ)をしていないと思います。
最近は皮ベルトの腕時計よりもメタルバンドの腕時計が多くなっています。実はこのメタルバンドが落とし穴です。メタルバンドはずっと交換をしないので、ベルトの隙間には汗やホコリがびっしりと固まって付着してしまいます。
男性の方が夏場になるとカッターシャツの袖口が汚れる・・・というのは時計のベルトの奥に付着している汚れが汗で溶けてしみ出ているのです。

OMEGA-20210330-1

腕時計をパッとみると分かりにくいのですが、隙間をみると黒い汚れが固まって付着しており、このこびりついた汚れは簡単には取れなくなっています。

OMEGA-20210330-2

特にベルトの付け根の隙間にはたくさんの汚れが付着しています。

OMEGA-20210330-3

ベルトを折り曲げて見てみるとこんなに汚れが固まってこびりついています。夏場にはこの汚れが汗で溶け出てきます。

OMEGA-20210330-5

当店では洗剤に24時間以上浸して汚れを浮かせてから超音波洗浄機で奥の汚れを掻き出します。しかしこの超音波洗浄も1回では十分に汚れが取れないので3~4回は超音波洗浄を繰り返します。

OMEGA-20210330-6

こちらが超音波洗浄で綺麗にしたベルトです。洗浄前の状態とは全く違うのがお分かりいただけると思います。

OMEGA-20210330-7

こちらは本体側です。スッキリと汚れが取れています。

OMEGA-20210330-8

これで完成です。皆さんは下着を毎日取り換えていると思います。しかし腕時計の隙間にこんなに汚れが付着しているのにそのままって・・・気持ち悪くないですか?
特に夏場に時計の臭いをかいでみると・・・すごい臭いがします。当店の時計クリーニング(リフレッシュ)を1年に1回は受けましょう!

作業内容 : 時計のベルトクリーニング(リフレッシュ)
修理費用 : 2,200円(税込)

修理ご希望の方には【LINE】または【お問い合せフォーム】から「郵便番号、ご住所、お名前、お電話番号」をお知らせください。またLINEやメールでお時計の写真をお送り頂くと詳しいご説明が返信できますのでお気軽にご相談ください。

他の修理事例については【こちら】からご覧ください。