2021.08.16WATCH REPAIR

カルティエ の変色を取り除く修理

カルティエ マストコリゼの表面を金色にする為に使われているヴェルメイユという技法は18金の薄膜を時計の表面に張り付ける技法です。
今から60年ほど前までのスイスメーカーやSEIKO、CITIZENなどの古い腕時計の表面には18金の薄膜を貼った「金張り」という技法が使われていました。このカルティエのヴェルメイユも同じ「金張り」の技法だと言えます。

これらの「金張り」をしてある古い時計の裏面の刻印には「K18GF」という刻印が入っています。実はこの刻印で金張りなのか金メッキなのかを確認することが出来ます。
◇K18または18K・・・・・本物の18金
◇K18GPまたは18KGP・・・Gold Platedの略 金メッキ
◇K18GFまたは18KGF・・・Gold Filledの略 金張り
※日本製品ではKが先にあり、外国製品ではKが後にあります。これで日本製か外国製かも知ることが出来ます。

K18だけの刻印なら本物の18金、その後に「P」が付くとメッキ、「F」が付くと金張りと覚えると良いでしょう。ただ、最近生産されている腕時計ではGFの金張りのものはほとんどありません。
これらの表示は工業製品全般に共通で金杯やメダルなどにもこの刻印が入っています。不要の金属類を売買したい時にこの刻印を確認すると本物かメッキなのかの確認が出来ます。

カルティエマストコリゼ変色取りお預かり表面

さて、この写真が今回のカルティエ マストコリゼの修理依頼品です。このカルティエ マストコリゼは本体がシルバー925で出来ており、その上にヴェルメイユという技法で金張りが施されています。
また同じ時代に生産されている四角いデザインのカルティエ マストタンクも同じシルバー925にヴェルメイユが施されているのですが、どちらも変色が激しく、大切に保管しておくとこの写真のように褐色から黒色に変色してしまいます。

カルティエマストコリゼ変色取りお預かり裏面

こちらの写真が裏面の写真です。真ん中に購入時からの透明のシールが貼ってあります。この境界をみてみるとシールの中は変色が少なく、その周りが黒く変色しています。このことから分かるのは空気に触れた所が変色しているという事です。

ではなぜ18金の薄膜が黒く変色してしまうのでしょうか?それには18金という金属の特性を知る必要があります。
18金は純金が75%と銀や銅を25%混ぜた合金のことです。この中に含まれる純金は「王水」という薬液以外には塩酸や硝酸にも溶けない(変化しない)類まれな金属です。ですからこの純金は空気中では変化(酸化・錆び)をすることがありません。
このように18金に含まれる純金自体は酸化(錆び)しませんが、他の成分の銀や銅は長い時間が経過すると空気中で酸化(錆び)して黒っぽい色になります。これが18金が黒くなる原因です。これは18金張りも18金メッキも同じで、長い時間の経過で酸化(錆び)して黒ずみが出ます。今回のカルティエの腕時計はシルバー925(銀)の素材の上に薄膜の18金をヴェルメイユという技法で貼ってあります。18金の薄膜自体も酸化して黒くなってしまいますが、どうも本体の素材のシルバー925(銀)が表面のヴェルメイユの薄膜を黒くさせるのを促進させているのではないか?と思います。

カルティエマストコリゼ変色取り分解後

こちらの写真が時計を分解して、黒く変色した部品を並べたところです。本体ケース、裏蓋、裏蓋を留める小さなネジです。
裏蓋のシールを剥がして、これらのパーツを特殊な薬液に浸し、ブラシで丁寧に変色を取り除きます。

カルティエマストコリゼ変色取り修理後

この写真が変色を取り除いた後の写真ですが、当店では変色取り作業の後にもうひと手間かけて時計を綺麗に仕上げています。
本体ケースは変色取りをした後に艶出しのバフ研磨を行います。この艶出しのバフ研磨により表面の細かい擦り傷が消えて、表面にも艶が出てピカピカになります。
裏蓋もにも軽くヘアラインを入れます。この作業により細かい擦り傷が消えて裏蓋も綺麗になります。

カルティエマストコリゼ変色取り修理完成表面

こちらが時計を組み立てた後の写真です。変色が取れただけでなく、表面にあった細かい擦り傷が消えて表面がピカピカに輝いているのが分かります。しかし、よくみると9時の横に小さな傷が残っています。この傷は凹みが深い打ち傷なので艶出しのバフ研磨だけでは除去できずに残っています。もしこの傷も取り除いて新品のようにしたい場合は「研磨・再メッキ」の修理コースをお選びいただくと取り除くことが出来ます。

カルティエマストコリゼ変色取り修理完成裏面

こちらの写真が時計を組み立てた後の裏面です。こちらも軽くヘアラインを入れて細かい擦り傷を取り除いてありますのでとても綺麗です。シールは元々貼ってあったシールを貼り直してあります。

カルティエマストコリゼ変色取り修理ビフォア・アフター

この写真はお預かり時の写真と修理完成時の写真を並べて比較したものです。変色が取れただけではなく、時計表面の艶が戻っている点にも注目してください。

作業内容 : 変色取り修理
修理費用 : 9,900円(税込)(往復の送料無料)

修理ご希望の方にはお近くのコンビニから当店に無料(着払い)で送ることができる「らくらく送付キット」をお送りいたします。【LINE】または【お問い合せフォーム】から「郵便番号、ご住所、お名前、お電話番号」をお知らせください。またLINEやメールでお時計の写真をお送り頂くと詳しいご説明が返信できますのでお気軽にご相談ください。

他の修理事例については【こちら】からご覧ください。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

+++SHOP+++
福井市中央3-1-17
カイドージュエリー


お陰様でGoogleクチコミ 4.8★★★★★!!!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

デジタルジュエリー®協会認定店
デジタルジュエリー®認定デザイナー
1級ジュエリーリモデルカウンセラー
日本リ・ジュエリー協議会会員
CGJ宝石鑑定

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

10:00〜18:00
定休日/木曜日

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

カイドージュエリー【公式ホームページ】

カイドージュエリー【Instagram】

カイドージュエリー【Facebook】

ご相談・お問い合わせは【カイドージュエリーLINE公式アカウント】から

全国からご依頼頂いている時計修理!

時計修理は日本全国からご依頼を頂戴しています!特に時計の外装修理は「時計」と「宝飾」の両方のノウハウが必要なので、当店が得意とする分野です。皆様の大切なお時計を安心してお預け頂けるよう、LINEで細かく修理の状況説明をさせて頂いています。