2021.07.18WATCH REPAIR

カルティエ タンクの変色取り修理

今回もカルティエ タンクの変色取り修理のご依頼です。 当店のホームページをご覧いただきLINEで修理のご依頼がありましたので当店の無料の「送付セット」を発送させていただきました。この「送付セット」はお客様のご負担を少しでも軽減する為に、書き込みが不要の宅急便の着払い伝票、運搬中のショックを軽減する緩衝材、梱包の際に必要なガムテープなどがセットになっています。 カルティエタンクお預かり時の表面 カルティエタンクお預かり時の裏面 これが送られてきたカルティエ タンクです。ケースも裏蓋もかなり変色しており、使用の際に付いた擦り傷もかなり多く付いています。この文字盤はカルティエらしいイエローゴールド、ピンクゴールド、ホワイトゴールドのスリーカラーを配置したとても美しい文字盤です。 文字盤の中のCartier文字 カルティエ タンクですが文字盤を良く注意してみると、50分の位置のXの文字に小さくCARTIERの文字が入っています。この小さな文字は印刷の精度が必要な為に偽造を防止する為のものなのだと思います。日本のお札にもこのような手法で隠し文字が入っていますよね! 変色取り前のパーツ 早速、変色取り修理の作業を進めていきます。時計を分解して変色を取るパーツを並べてみました。 本体ケース、裏蓋、機械を固定するネジが4本、裏蓋を固定するネジが4本です。この小さなネジも金色に戻さないと組み立て後の見た目に影響が出てしまいます。 変色取り後のパーツ こちらが変色取りをした後です。本体ケースは変色取り後にバフ研磨を施していますので細かい擦り傷が取れてピカピカになっています。ただ深い打ち傷などは取れません。裏蓋も軽いヘアライン仕上げをしますので細かい擦り傷は取れますが、ヘアラインを付けすぎると下地のシルバーの素材が出てしまいますので深い傷は残すようにしています。 組立完成後の表面 時計を組み上げました。ケースがピカピカに輝きを取り戻しました。文字盤の綺麗さが一層鮮やかに見えます。 組立完成後の裏面 こちらが組み上げた後の裏面です。このタンクは多くの擦り傷、打ち傷があったので深い傷は残っています。 ベルト装着後の表面 ベルト装着後の表面 元のベルトを装着して完成です。最初の変色取り修理の作業前の写真と比べると変色が取れただけではなく、艶が戻ってピカピカになっているのが分かります。このように本体ケースは変色取りだけではなくバフ研磨も行って艶を出せること、また裏蓋もヘアライン仕上げをして小傷を少なくしていることも当店独自の自慢の修理です。 ※深い擦り傷・打ち傷も完全に取り去りたい方は「研磨・再メッキ修理(19,800円)」をご指定ください。 作業内容 : カルチエ タンク 変色取り修理 修理費用 : 9,900円(税込) 往復の送料は無料 修理ご希望の方にはお近くのコンビニから当店に無料(着払い)で送ることができる「らくらく送付キット」をお送りいたします。【LINE】または【お問い合せフォーム】から「郵便番号、ご住所、お名前、お電話番号」をお知らせください。またLINEやメールでお時計の写真をお送り頂くと詳しいご説明が返信できますのでお気軽にご相談ください。 他の修理事例については【こちら】からご覧ください。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−− +++SHOP+++ 福井市中央3-1-17 カイドージュエリー お陰様でGoogleクチコミ 4.8★★★★★!!! −−−−−−−−−−−−−−−−−−− デジタルジュエリー®協会認定店 デジタルジュエリー®認定デザイナー 1級ジュエリーリモデルカウンセラー 日本リ・ジュエリー協議会会員 CGJ宝石鑑定 −−−−−−−−−−−−−−−−−−− 10:00〜18:00 定休日/木曜日 −−−−−−−−−−−−−−−−−−− カイドージュエリー【公式ホームページ】 カイドージュエリー【Instagram】 カイドージュエリー【Facebook】 ご相談・お問い合わせは【カイドージュエリーLINE公式アカウント】から

全国からご依頼頂いている時計修理!

時計修理は日本全国からご依頼を頂戴しています!特に時計の外装修理は「時計」と「宝飾」の両方のノウハウが必要なので、当店が得意とする分野です。皆様の大切なお時計を安心してお預け頂けるよう、LINEで細かく修理の状況説明をさせて頂いています。 時計修理については【こちら】